岸本斉史のNARUTO後の新作は?画力評価について

naruttttt

 

NARUTOの作者である岸本斉史先生の気になるプロフィールを調べてみました

1999年から2014年まで15年間という長期連載を終えた岸本斉史先生ですが

次回作などは決まっているのでしょうか?

また画力に関しての評価なども集めてみました。

岸本斉史のプロフィール

1974年11月8日生まれで2016年5月現在では41歳。

幼少期からとにかく絵を描くことが大好きだったようで特に手や足を描いたり、学校の放課後も1人で美術室に残って石膏のデッサンをするような生活をしていたようです。中学時代に映画AKIRAのポスターに刺激を受け、その絵に追いつきたくて今まで描いてきたと言っているくらい影響を受けた事もあるみたいですね。

長期連載作品はNARUTOのみとなっています。

NARUTO後の新作は?

2015年に開催されたアップルストアのニューヨークイベントに出席した岸本斉史先生は色々と質問を受ける中、次回作について聞かれた時に

「次回作はSF漫画で準備している」

と発言されています。2016年5月現在ではナルトの息子であるボルトが主役の漫画が岸本斉史原作として月1連載されているので何時になるかは分かりませんが待ちどおしいですね^^

岸本斉史の画力評価について

岸本斉史先生は同じ漫画家からの画力評価が非常に高いです。

冨樫義博の評価

「岸本さんは絵が凄く上手いよね。人の画力を見るときは人間の手をどれだけ描写できているかを見ればいいと聞いたんだけど、物を持つ自然な感じとか凄いと思います」

稲垣理一郎の評価

「漫画表現の限界を走るような格好良いカメラワーク」

小畑健の評価

「NARUTOといえば戦闘シーン。個性豊かな造形を与えられたキャラ達が本当に肉体を持って実在し、流れるように動いている姿に毎週見入ってます」

などなど有名な漫画家からも絶賛されており、海外での評価も非常に高いです。

年収や結婚について

NARUTOは累計2億部を超えた大人気作品であり、ゲーム化、アニメ化などのメディアミックスも行われています。更に海外人気なども後押しをしていますので

推定年収は5億円くらいありそうです。

結婚についてはあまり報じられていませんが、プライベートで歯科医の受付の方と結婚されているようです。丁度連載終了くらいに子供がボルトと同じくらいの歳になったらしいですw

岸本斉史がバイキングに出演!?

バイキングという番組内で坂上忍とピースの又吉が街歩きをしていたところ、2人が入ったお店のオーナーがなんと岸本斉史先生の義理の母親。しかも岸本斉史先生が丁度来ていた事もあり出演していました。

番組内ではお店のお母さんに長女の旦那さんと紹介されていたので、前述した歯科医の受付の娘さんがこの御店のお母さんの娘さという事になりますね。

出てきて開口1番に坂上忍から「何してんの!?」と聞かれるも

岸本先生は「何もしてないです。連載終えて自由の身なんで」と答えていましたw

また坂上忍におすすめを聞かれお店のどんどん焼きを勧めていましたね^^;

その後は又吉と2人で作家同士の奇跡の対談として少しお話をされていましたが、やはり今まで書いたものを超えなければいけないという思いがある事を漏らしていました。

アップルストアイベントで発言されたSF漫画はどうなるでしょう^^;

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ