男の子って

はる(5歳、男の子)のママ、ほのかです。

男の子、女の子でこんなに違うんだって思ったのでちょっと書いてみます。

男の子ってなんか常に動いている。
でもって、マイペースで、自分がやりたいことが優先。
好きなことしか目に入らない。

外を一緒に歩けば、まっすぐ歩かない。
あっ、って言ったかと思うと、
石を拾う、木の棒を拾う。
とにかく、見つけたら拾うんです。

「何に使うの?」ってのは関係なく、本人は嬉しそう。
何かを拾うって、男の子ならではの気がします。

あとね、水たまりがあったら、ぜったい突進する( ´Д`)=3
今日はいてる靴が何か?なんておかまいなしよね。
ママの叫び声もむなしく、

ジャバーーーン

これも本人はめちゃくちゃ嬉しそう。

この後、ママの鬼のような顔を見て、
しまった!って顔になる瞬間がまたかわいいのです。

次は、高いところが大好き
ありとあらゆる棚の上、ソファーの背もたれ、
なんかちょっとでも高さがあると、そこに上って…

ジャンプ!!!

おっ、おもしろいぞ!
もう一回、ジャンプ!!!

エンドレスで続けます。
で、そのうち、ヒーローになって、ポーズまで決めてくる。
ソファーは痛むけど、男の子をもつ家の宿命かな。

--スポンサーリンク--

でもね、高いところ好きだけど、に木登りさせたら、
それは怖がっていたわ。
それなりに、けがの危険性は感じて登っているのかな?
そんなに高くない木だったから、お手本にママが登って、
最後には一緒に景色を楽しんだけどね。

子供たちと一緒に遊んでてね、
女の子って、おしゃべりが上手だな~って改めて思ったの。
男の子って、あのね、あのね、ってあせってしゃべろうとして、

ゴーーー、でドーンで、バーーンってやつ!

結局それ?

言いたいことが、全部擬音語になってる。
ここからママは探偵さんになって、解読が始まるわけです。
これも、解読できるのはママのみときたものだから、
家族の皆からそれでよく分かるな~と感心されますね。
解読してもらった本人も、「そう!」と満足気です。
ぼくのママすごいでしょ?って言わんばかりに。

これは、とっても困ることなんだけど、
ちょっと熱があっても、ご機嫌んで遊んでいる時間が長い。
女の子って、具合が悪くなると、おとなしさが輪をかけておとなしくなるのね。
男の子、熱があっても分からないくらいご機嫌で暴れてる。
抱っこして、あれ?熱い?ってなる。
具合悪いの?って聞くと
うん、ちょっとつらい(*^。^*)
と、明るく返事。
なんなんだ?普段と変わりがない!
これママは結構困る(^_^;)
あ、でもママ以外の家族は、今日は保育園休ませるねって言うまで
具合の悪いことに気づきませんけどね。
だから、やっぱりママはすごいってなる。

結局のところ、男の子って、まあ、とにかく無邪気なんですよね。

うん、邪気がない。

腹は立つことはあるけど、ニコッと笑うその顔で、思わず許しちゃう。
というか、もう、笑うしかない!ってこともあるんですけど(^_^;)

男の子ってこんな面白いところあるな~ってこと書いてみました。

今日のところはこれでおしまい(^_^)/~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ