俺的『ワンピースベストバウト ベスト10』を厳選してみた件について

ワンピースで個人的にベストバウトだと思った戦いを10個選んでみました!

すでに原作では四皇と対峙するか否かという所まできているワンピースですが、意外と振り返って見ると良かったなあと思う戦いはグランドライン前半とか初期だったりしますね。勿論、今後の展開次第という所もあるのですが現状のゾウ編までの間でこれぞワンピースだと思った戦いを厳選しています!

※ランキングではありません。紹介準は基本的に原作の順番

 

ワンピースベストバウト俺的10厳選

その1【ロロノア・ゾロ対ミホーク】

●東の海の覇者【ドン・クリーク】がパラティエの立寄った際に暇つぶしとして艦隊ごと切ったミホークに対して、まだまだ実力差があったゾロが1対1での戦いを挑むも敗れてしまったこの戦い。ミホークの激もそうですが、最後に黒刀で切られる際に「背中の傷は剣士の恥」として正面を向いたゾロがかっこ良すぎる!

 

その2【ルフィ対アーロン】

●ナミを解放する為にアーロンパークへと乗り込み圧倒的パワーの魚人とタイマンした東の海編で1番盛り上がった戦いだと個人的には思います。悪魔の実の能力者は水に弱いにも関わらず、最後はアーロンパークのナミの部屋をぶっ壊しつつ斧で鼻をへし折ったルフィはカッコ良かったです。

 

その3【ルフィ対クロコダイル】

●初の七武海との対決!当時は圧倒的に強かったクロコダイルを相手に1度は死にかけたルフィがビビやアラバスタを救う為に水を使って倒したのは色んな意味で快挙&爽快でした。アラバスタ編自体の面白さも若干入っていると思います。

 

その4【ルフィ対エネル】

●おそらくルフィでなければ負けていたであろう空島の神・エネルとの対決。尾田先生曰く懸賞金jが付くなら5億と言わせた程の強敵エネルとの対決はかなり熱かったです。最後に鐘を鳴らした場面も良かった。

 

その5【ルフィ対ロブ・ルッチ】

●CP-9最強の男、ロブ・ルッチとの対決でギアセカンドの初登場。一味を離れようとするロビンに対して一味全員が世界政府にケンカを売るというのも良かった。明らかに格上だったルッチを最後はギガントピストルで倒した時は震えたw

 

その6【ルフィ対ウソップ】

●ウォーターセブンでゴーイングメリー号が限界だと知ったルフィが船長判断として新しい船に乗り換えることを決めた時に一人どうしても納得出来なかったウソップが宣戦布告し戦った名シーン。戦いの描写自体は長い訳ではなかったけれど、そこに絡んでくるキャラの感情などが良かったです。

 

その7【ゾロ対バーソロミュー・くま】

●モリアと戦って心身共に限界の状態で突如現れたくまに対してルフィを見逃す代わりにゾロが全てのダメージを受け取った”戦い”。くまによって出された条件はルフィのダメージを全てゾロに移すことであったにも関わらず、立ったまま耐えたゾロの強さを実感出来る場面です。

 

その8【白ひげ海賊団対海軍&七武海】

●処刑の決定が降されたエースを救出するべく乗り出したエース奪還を狙う白ひげ海賊団対海軍側の全面戦争。作中最大の戦いであり、これは流石に外せない。白ひげの死に様もすごかったけれど、ガープの苦悩などが非常に印象的でした。

 

その9【エース対黒ひげ】

●仲間殺しをした黒ひげを追いかけて白ひげ海賊団のエースがティーチと戦ったシーン。ヤミヤミの実の初お披露目であり、ティーチの強さもエースの強さも際立った戦いでした。結果的にはエースは敗れた訳ですが相性の問題なのか…エースが実際にがっつり戦ったのは黒ひげくらいなので貴重という意味でもベストバウトでしょう。

 

その10【ルフィ対ドフラミンゴ】

●直近での最大の戦闘ですがやはり七武海クラスの敵との戦闘は盛り上がりますね!ルフィがギア4まで変身した時は何事かと思いましたが、チート級ではあるものの制限付きというのがワンピースらしくてよかったです。

 

今後期待したい対戦カード

やはりミホーク対ゾロの決着や藤虎も入っての剣士頂上決戦が見てみたい!

それと1話から登場しているシャンクスとルフィがどういった形で戦うのかも注目の1つだと思いますね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ