ワンピース人気 傑作映画ランキング俺的ベスト10

劇場版のワンピースのベスト10にして紹介しようと思います。

このランキングは、2016年公開予定の【ONE PIECE FILM GOLD】は含みません

また、ランキングは個人的主観になりますのでご了承ください

 

ワンピース映画ランキング俺的ベスト10

【10位】ONEPIECE

1番最初に公開された劇場作品で、ルフィ・ゾロ・ナミ・ウソップがメインの映画作品。原作では無かった再度ストーリ的な役割で大きな盛り上がりや強敵は居ないですがのほほんとした空気が好き。

 

【9位】ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険

劇場版の第4作で、ロビンのスクリーンデビュー作でもあります。ハンナバルという島に滞在していたルフィ達がシュライヤという賞金稼ぎや巨人族など様々な海賊達とレースを繰り広げる完全オリジナルストーリーです。

 

【8位】ONE PIECE 呪われた聖剣(同時上映【目指せ!海賊野球王】)

劇場版の第5作であり、伝説の宝刀【七星剣】を巡る冒険とゾロがまさかの海軍側スタートで、冒頭から中々興奮する作品です。こちらも本編は原作にはない完全オリジナルとなってます。

 

【7位】ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵

劇場版第7作。難破した海賊船から宝箱を手に入れたルフィ達が中に入っていたお婆さんと共にメカ島に向かう冒険物。敵のボス役のドクターラチェットにはSMAPの稲垣吾郎さんが声を当てていますw登場人物も面白いです。

 

【6位】ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち

劇場版第8作で、原作アラバスタ編を再度新作としてまとめた感動系作品。ビビやクロコダイルは勿論、アラバスタ編の面白さや感動するシーンがたっぷりつまっている良作です。

 

【5位】ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島

劇場版第6作であるこの作品はとにかく笑えるシーンが多いのが特長。オマツリ男爵はどこかゲッコーモリアと能力が似ている設定ではあるけれど、オマツリ島の試練などの場面は面白いです。

 

【4位】ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国

劇場版第3作の中編作品。ドラム王国から仲間になって日が浅いチョッパーがメインで活躍する物語で、動物が多く登場する。また敵であるバトラー伯爵という人物の自信過剰っぷりが突き抜けているので良いキャラだと思います。

 

【3位】ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー 冬に咲く、奇跡の桜

劇場版の第9作で原作の尾田栄一郎氏が脚本に協力し、エニエスロビーが終わってからドラム王国へ行くという時間軸が入れ替わった作品になってます。メインキャラはドラム王国が舞台なのでチョッパーです。ドラム王国編の作り直しと言っても過言ではない良作!

 

【2位】ONE PIECE FILM STRONG WORLD

劇場版第10作品で、オリジナルストーリーでありながら原作の尾田栄一郎氏が脚本など製作総指揮を担当。ルフィの出身の海である東の海が襲われているとの情報を得たルフィ達の前に現れるのは金獅子のシキというかつてロジャーの時代に暴れまわっていた大海賊だった…という物語。原作には一切登場しないキャラではあるが、尾田氏の活躍によってしっかり成立したストーリーは良かったです。

 

【1位】ONE PIECE FILM Z

劇場版の第12作。初の新世界編が舞台の作品であり、当時原作に居なかった青雉などが登場する。海軍に絶望した男ゼットが立ち上げたNEO海軍と麦わらの一味、そして海軍本部大将である黄猿まで登場するアナザーストーリーになっている。主な敵のボスであるゼットは元海軍という立場から、そこに青雉や黄猿といった現在の海軍大将がドラマ仕立てで絡み合い、シナリオも劇場版では1番良かったです。

ちなみに主題歌をカナダの超人気歌手であるアヴリル・ラヴィーンが担当。豪華すぎる1作!!

 

というわけで以上が劇場版ワンピースのベスト10でした!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ