NARUTOキャラ強さランキング ベスト20

NARUTOに登場するキャラクターの強さランキングTOP20を考えてみました。

NARUTOには沢山のキャラクターが登場しますが、その中でも特に強いと思ったキャラクターを書いていこうと思います。全員が全員と戦っている訳ではないので、予想も含めてとします。

NARUTO強さランキング

【20位】自来也

ナルトの師匠であり、伝説の3忍の1人。ペイン相手に敗れてしまったものの、螺旋丸を含めて技の豊富さや、仙人モードが使用出来る点を踏まえるとこのくらいの順位にはなりそう。

 

【19位】大蛇丸

自来也と同じく伝説の3忍。その知識の深さや狡猾さから禁術なども操れる上に、元々の戦闘能力も非常に高い。仙人化は出来ないが、それをカバーする知識と技がある。

 

【18位】キラービー

ナルトとは最早親友である人柱力の1人。八尾の能力も含めての総合的な部分もあるが、4代目雷影と鍛えた体術の強みもある。尾獣化を容易に操る事、尾の数が多い程尾獣の力も強い事などからこの順位。

 

【17位】四代目火影 ミナト

ナルトの父ちゃん。瞬身の術による身のこなしは並の忍者では捕らえることが出来ない。しかし、九尾が単独で現れてオビトに歯が立たなかった事からこのくらいの順位だと思われます。

 

【16位】二代目火影 千手扉間

水遁の達人であり。初代火影、柱間の実の弟。水遁だけではなく、時空間忍術にも精通している事からミナトが見習った可能性が高い。

 

【15位】三代目火影 猿飛ヒルゼン

ナルトが幼少期から木の葉の火影を務めていた。如意棒のような物を自在に操る他、木の葉の術は全て使えると言われた天才の1人。伝説の3忍の師匠筋にあたるのでこのくらいの順位であると思われます。

 

【14位】薬師カブト

大蛇丸に加担していた名前すらない存在であったが、後に単独で仙人化出来る程の実力者になった。この段階で大蛇丸より上の実力者になったと思われる。

 

【13位】ペイン長門

一時期自来也の教えを受けていたナルトの兄弟子にあたる。輪廻眼を持つ上に術の強力さは作中でもかなり上位。自来也を簡単に倒してしまった印象も大きい。

 

【12位】うちはイタチ

サスケの兄であり暁として行動していた。瞳術においては仙人モードのカブトすら陥れる程の強さで、元々大蛇丸から自分より強いと言われていた。イザナミを使えるという所もポイント

 

【11位】はたけカカシ(両目写輪眼前提)

ナルト達第3班の引率者であり、木の葉の天才忍者の1人。オビトから写輪眼を貰い、元々1000以上の術をコピーしていたといわれる実力に拍車がかかった。

 

【10位】マイト・ガイ【八門遁甲全開】

カカシの同期で木の葉の上忍。体術においてはマダラすら圧倒する強さであり、素の体術もおそらく木の葉No1を誇る。但し、八門遁甲を全開するという事は自身の命を捨てる事になるので圧倒的体術でもTOP10は厳しい。

 

【9位】初代火影 千手柱間

マダラと直接対決をし続けてきた初代木の葉の里の火影。神と称される程の木遁を使いこなし、マダラが操る九尾を木遁で抑えてしまうほどの実力者。この辺りからが1つの壁な気がします…

 

【8位】うちはオビト(六道)

十尾の人柱力となり六道の力を得たオビトの原作で1番強かった姿。チャクラの変質化だけではなく、うちは一族の証である写輪眼は万華鏡写輪眼であり、カカシの使える神威を当然のように使用出来る。

 

【7位】春野さくら(チャクラ全解放時)

カグヤと戦うまでは使用しなかった状態ではあるものの、本気を出したさくらはかなり強いと思われる。そもそも溜め込む必要があるのでガイと同じく限定的な強さになるかもしれないが、その威力は絶大。

 

【6位】大筒木アシュラ

六道仙人の息子で弟の方。名前だけで戦う姿は一切描写されていないが、兄インドラよりは弱かったと思われる。後にナルトに転生するのがアシュラ。

 

【5位】大筒木インドラ

六道仙人の息子で長男。うちはの源流であり、弟のアシュラよりも強いとされているが、後継者争いによって歪んだと言われている。後にサスケに転生。

 

【4位】うちはサスケ(終盤)

イタチの弟で、木の葉から抜けて復讐に取り憑かれたNARUTOのもう1人の主人公。元々天才の片鱗はあったが、六道仙人から直接インドラについて聞いた後は瞳術最強候補の1人。輪廻眼と万華鏡写輪眼の両方を持つ。

 

【3位】うずまきナルト(終盤)

本作の主人公でミナトの息子。元々は弱い忍者だったが、努力において仙人化を可能にし、更に最後は六道仙人と同じく全尾獣の力を使用できるようになる。サスケとの差はほぼ無いと思われるが、サスケが最後に折れたので一応ナルトが上位です。

 

【2位】うちはマダラ(六道)

忍の開祖にして尾獣の生みの親とも言われるほぼ伝説上の存在を生写したうちはマダラ。元々の実力だけでも柱間より少し弱かった程度の筈が、六道仙人の力を取り込む事で一変。忍界大戦では五影を瞬殺するほどの力を見せた。六道化したマダラに一人で勝てる忍は居ないと思われる。

 

【1位】大筒木カグヤ

六道仙人の母で最早神に等しい存在。そもそもチャクラの生みの親であり、瞳術においても勝てる相手が見つからない。時空間忍術というレベルではなく空間ごと移動させてしまったりする辺りはもう忍術の限界を超えている。ナルト、サスケ、サクラが最強の状態で3人がかりでようやく倒した事を考えると作中でカグヤに勝てる存在は皆無である。

 

まとめ

以上がNARUTOのキャラ強さランキングTOP20です。

実質怪物クラスなのは9位の柱間以降だと思っています。逆に言えばそこまでが忍者の限界。

サクラに関しては、感情的な面で強さの上限値が変わっているように思うので7位としましたが、ちょっとオマケ感もありますw

そしてやはり最強候補2人は六道マダラかカグヤといった結論にせざるを得ない感じですね。

単体の力ではこの2人に勝てそうな人物が見当たりません…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ