子供習い事の月謝は? おすすめランキング10

今回はお子さんの習い事の月謝はどれくらい必要なのか?

それに合わせておすすめの習い事をランキングにして紹介してみます

子供の頃って自分たちもそうですが、小さい頃に習い事をしておくと後々、大きな才能になる可能性も充分にありますし、出来るならばその子に合った習い事はさせてあげたいですね。

子供の習い事の月謝はどれくらいかかるの?

お子さんに何か習い事を…と思っても月謝などが心配ですよね?

そこで大体どの程度の金額になるのかの一例を紹介してみます。

 

●幼稚園児~小学生まで

種類によって5000~20000円程度まで。

 

●中学生以降~

種類によって5000~上限は数などで変動。

大体小さいお子さんにかけている習い事の月謝は10000円から20000円までというのが平均のようです。

では次におすすめの習い事を金額など込みでランキングにしてみます。

 

習い事おすすめランキング10

 

第10位

●ピアノ教室 金額:月に10000~20000円程度

音楽の習い事は素直におすすめ出来ますが月謝が少し高くなるのと、お子さんの【ピアノ買って攻撃】が始まるので金銭的には少し敷居が高いです。個人レッスンなどの先生であればもう少し安くなる可能性もありますね。

 

 

第9位

●水泳教室 金額:月に~10000円程度

水泳は子供の頃に習っておくと身体も丈夫になりますし、かなりおすすめの習い事です。水が怖い、海が怖いといったトラウマを治してくれる場合もあるようです。しかし嫌がる場合には無理に習わせるような事はないと思います。

 

 

第8位

●体操教室 金額:月に8000円前後

あまり知られていないかもしれませんが、子供向けの体操教室などもあります。水泳と同じく心身が鍛えられますし、体幹が鍛えられるので健康的になるかも!?

 

 

第7位

●サッカー教室 金額:月に5000~10000程度

サッカーは今も昔も人気のスポーツですね。最近は女の子向けのサッカークラブなどもありますし、比較的運動好きな子供は習いたがる種目だと思います。但し、遠征や試合などが本格的にある場合は別途料金がかかる場合もあります。

 

 

第6位

●そろばん教室 金額:月に5000~10000円程度

そろばんは頭の回転がかなり早くなりますし、数字に強くなるのは魅力的です。必要なものもそろばんくらいで月謝代くらいしかお金がかからないのもポイント。但し、嫌いな子はやりません(苦笑

 

 

第5位

●英会話スクール 金額:月に10000前後

英語は今後、日本でもかなり必要とされる能力だと思います。出来ればネイティブな先生が居る対面でのスクールを選ぶとコミュニケーション能力も上がりますし、おすすめの習い事です。

 

 

第4位

●書道(硬筆)教室 金額:月に3000~10000程度

これは自分の体験談からですが、書道、硬筆は小さい頃に習い事としてやっておくと、”大人になった時”に字の綺麗さが凄く変わってきます。また、書道は資格を取れば先生も出来ますので、やっておいて損は全くないです。

 

 

第3位

●ダンス教室 金額:月に5000~10000円程度

音楽に合わせて体を動かす事は体幹のトレーニングやリズム感の強化に繋がります!ダンスと行っても様々ですが、ジャズやヒップホップダンスなどは小さい頃にやっていると音感にも強くなるようです。

 

 

第2位

●芸術教室(絵のレッスンや造形など) 金額:月に10000円前後

絵を描いたり、造形(粘土や石膏など)をしていると創造力が発達するので、非常におすすめ。自分でオリジナルの作品を作ったり、デッサンを学ぶのは頭を使いますから、観察力も良くなると思いますね。

 

 

第1位

●学習塾 金額:月に10000~

やはり1位は勉強…とは言いません。子供は小さい頃にこういった塾で勉強が好きになるパターンもあります。勉強が好きになってくれれば塾に行く必要はありませんし、他の運動などで遊ばせてあげるのも良いでしょう。

塾は通う側や通った人からすれば嫌なイメージが多いですが、

 

子供向けの塾は勉強を教えるというよりは【学び方を学ぶ】場所です。

子供の習い事のまとめ

いかがだったでしょうか?習い事とは一口に言っても最近は本当に沢山の種類があります。

一番大事なのは「子供が進んで習う姿勢」ですので、嫌がる分野に無理やり通わせる…というのはあまりおすすめしません。

子供に合った個性を大切に伸ばしてあげる為の【習い事】ですから。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ