幼稚園児が遊べる室内レクリエーションゲームおすすめ厳選

今回は幼稚園児くらいのお子さんが手軽に楽しめる

室内レクリエーションゲームを紹介します。

室内で遊ぶ事は周りのお友だちとも仲良くなるキッカケになりますし、ルールなどを覚える事は色々な意味でお子さんの成長を促します。

ゲームといった形式を取る事で、中々輪に入れなかった子供が明るくなったりするケースもありますし、室内遊戯は教育と子供のストレス発散が同時に出来て一石二鳥です。

室内レクリエーションゲーム「じゃんけん列車」

WS000000

列車のようにじゃんけんの勝敗で子供が一列になっていくゲームです。

●ルール

  1. 最初はペアを作ってじゃんけんをして負けた子が勝った子の後ろに付きます
  2. 勝った子同士がじゃんけんをして負けたグループは勝った子の後ろにドンドン並んで行きます
  3. 最終的に1本の電車(並び)になって最後まで勝った子が勝ちです

●おすすめポイント

凄く単純なルールですが、男女関係なく遊べますし、走ったりする必要もありません。

列車や電車といった存在はお子さんは好きな場合が多いので、室内で盛り上がれる事がおすすめポイントです。

--スポンサーリンク--

室内レクリエーションゲーム「落ちた落ちた」

WS000001

大人の方、もしくはリーダーを決めて、その人の動きに合わせて遊ぶゲームです。

●ルール

  1. リーダーに合わせて最初に皆で「落~ちた 落ちた 何が落ちた」と元気よく歌います
  2. 落ちたものは「かみなり」「天井」「りんご」のいずれかで、歌った後にリーダーの子がどれかを言います
  3. かみなりの場合はおへそを隠すポーズ、天井の場合は天井を支えるポーズ、りんごの場合は両手で受け止めるポーズを行います。間違った子供はアウトです。
  4. 最後まで残った子供が勝ちで次のリーダーをやってくりかえし遊びます。

●おすすめポイント

歌を歌う、皆と声をだすというのは得意な子と得意じゃない子に別れる事がありますが、このゲームで夢中になれば大きな声を皆で出す事に抵抗がなくなる可能性もありますよ。昔で言えば旗上げゲームに近いです。

反射神経や判断力なども鍛えられる上に、室内、少人数でも充分に遊べますのでおすすめのゲームです。

レクリエーションゲームの利点

子供はこういった遊びを通して色々なルールや感覚を身につけていきます。

幼稚園児くらいのお子さんであれば吸収力も凄いので、色々なゲームで遊んで学び、自分を形成出来る場所が出来る事が大切だと思います。

室内レクリエーションゲームでお子さんの教育と遊びを合体させてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ