小さい子供が万引きする心理と対処方法

WS000006

小さな子供が罪の意識なく、欲しい物を買ってもらえないからと

軽い気持ちで万引きするケースは増えています。

何故小さい子供が「万引き」という犯罪に走ってしまうのか?

その心理と対処方法について考えてみようと思います。

小さい子供が万引きをする心理とは?

幼児が万引きを行う心理とは至って単純な場合が多いです。

欲しい欲求が抑えれないというケースがもっとも多いです。

親に普段から欲しい物欲を否定され続けて、
バレなければ良いだろうという犯行も多いです。

万引きをしてしまった小さい子供への接し方や対処

まずは子供の心理を聞きましょう。

★なぜ万引きをしたかの理由を聞く

★善悪の判断が付いているかどうかの確認

大抵の場合は小さな子どもだと、欲しい気持ちを抑えれなかった。というような似たような言い分になります。

 

★対処方法

頭ごなしに怒るのはマイナスな効果もあります。

『正直に話す』⇒『怒られた』

となると、子供は次はバレないような完全犯罪をしようという思考になることもあります。

悪い好意を怒りつつも

『万引き悪い行為で絶対にしてはダメ』ということを強く教えてあげる必要があります。

 

それでもすぐに治らない子もいます。

物の価値観であったり、善悪であったりは教えることは難しいです。

子供の場合は理解できないこともあります。

 

ただ、怒られるのが嫌だとか、悪い事という感情は小さな子どもに少なからずあります。

その気持にしっかりと伝わるような対処をすることが大事です。

その子、その子により性格も違うので対処は同じではないですが、

子供を親身に思い、しっかりと向き合ってあげることが一番の対策になると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ