子供に携帯はいつから持たせるべき?依存症の心配は!?

WS000002

子供に携帯電話はいつから持たせるべきでしょう?

今どきはスマホ普及もあり、
子供の携帯依存も10年前よりも高くなっている傾向にあります。

親に取ったアンケート結果としては、
『高校生になってから持たせるべき』という声が一番のようです。

・理由としては自己管理のできる歳だから
・アルバイトで携帯代を自分で稼げるから
・中学生くらいのうちからスマホ持たせると犯罪に巻き込まれそうで怖い

などが代表的です。

子供が親のスマホでアプリゲームに課金しまくって、
何十万円もの請求が来たなんて話もよく聞きますね(^^;

小さな子供、幼稚園児や小学生でも携帯は必要なのか?

--スポンサーリンク--

携帯電話のメリット

携帯は依存など怖い面もありますが、
もちろん持たせれば便利なことも多いです。

・外出中でも連絡が取れる
・GPS機能などで居場所もわかる
・親子のコミュニケーションが取れやすい
など

万が一の場合でも携帯電話を持たせていれば、
子供に何かあった場合に役に立つ事はあると思います。

急病や迷子など自分で対応出来ない事に遭遇した場合でも、
それを助けてくれる大人さえ周りにいれば最悪携帯電話から連絡が取れます。

携帯電話のデメリット

いわゆるSNS(ソーシャルネットワークサービス)などにのめり込んでしまったりする”携帯依存症”が近年では有名になってきていますよね。これは子供も大人も関係なく、大きな問題の1つとして議論されています。

便利さが余って依存してしまい、ネットの世界に夢中になってしまう可能性もあるということです。

では子供に携帯電話を持たせるタイミングはどうすれば良いのでしょうか?

 

子供へ携帯電話を持たせるタイミングや機種選びのポイント

例えば、最近では小学生でもスマートフォンなどを持たせている方も居ると思いますが、実際に絶対必要なのかどうかと言われれば必要は無いと思います。

しかし、同級生や友だちなどの殆どが持っているのに持たせないといった判断をしてしまうのは環境的にも良くないでしょう。

子供には子供の社会があるので、全てにおいて「よそはよそ。家は家」といったような感覚ではなく、

同級生やお友だちの携帯普及率なども親同士でチェックしてみると良いかも知れません。

そして、心配だからという理由で子供に携帯電話を持たせるのであれば

いわゆる簡単ケータイといったような物でも充分だと思います。(小学校低学年など)

そして中学生くらいになるとどうしても子供同士のコミュニティ形成が始まる傾向にあるのでスマートフォンなどを検討しても良い時期だと思います。

注意点や依存症への対策としては

・しっかりとサーチフィルタリングをかけておく
・クレジットカード決済の登録をしない
・使用金額での利用制限を検討する

などの対策を検討してみてはいかかでしょうか?依存症の対策にもこれらは有効です。

まとめ

★持たせる時期多いのは・・
中学入学~高校入学

★親が携帯代を払う場合の注意点
・クレジット登録はしない
・子供閲覧など利用制限などかける

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ