五歳児が先を考えた行動ができないときの対処法は?

ハル(5歳、男の子)のママ、ほのかです(^o^)

子供って後先を考えられないものなのでしょうか?

5歳にもなれば、
先のことを考えて行動してくれてもいいのにと思うのは早すぎますか?

結論から言えば、、、

小学校低学年くらいまでは母親が手をかしてあげるのがいいと思います。

自分で考えられる子になってもらわなくちゃいけないからと、
放任でいきなさいっとおばあちゃんは言います。私は何も手伝わなかった。

手は出さなかった…と。

でもハルを見ていると、
まだまだ先を見通すという力はついていないようにみえます。

今、この瞬間が大事、楽しい!それしか思っていない。

ママがこうしたらいいよと教えてあげなければ、行き当たりばったりの行動しかとれないように思うのです。

--スポンサーリンク--

子供と大人の時間間隔

l_03

子供と大人では、時間の感じ方、とらえ方が基本的に違うと思って接してあげた方がいいと思います。5歳児が一人で先のことを考えて行動するんて無理だと思っておけばいいと思うのです。放っておいて忘れ物したりなどの失敗の経験を積ませるという方法もあるのかもしれませんが、忘れ物に慣れてしまって、忘れても平気な子供にもなりかねません。(パパにちょっとその傾向があります(^_^;))

忘れ物の経験よりも、ママがアドバイスしながら、先の見通しを立てるという経験をさせることのほうが良いのではないかなと思うのです。この日は〇〇があるから、何を持っていけばいいと思う?と、一緒に考えて、一緒に準備をするということです。

 

小学校低学年のころまでは、ママのアドバイスのもとでの準備が必要だといいます。

そのくらいの年齢までは、自分一人で後先のことを考える力というものが育ちきっていないといわれます。

一緒に準備しながら、計画性の大切さを教えてあげて、やり切れたときに褒めてあげることで自信がついてきます。

十分に自信がついてくるのは、小学校の中学年くらいじゃないでしょうか?そのくらいになったら、まず自分で考えて準備させて、あとでママがチェックしてあげるというくらいでよくなってきます。

放っておいても大丈夫!ってなるのはまだまだその先の話のようですよ(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ