子供が歯磨きをしなくても虫歯にしない方法

ハル(5歳、男の子)のママ、ほのかです(^o^)

「歯磨き」って大事って思いますよね。

思うのですが、なんで大事か?って真剣に考えたことってありますか?

そりゃ、虫歯にさせたくないから。虫歯になったら痛い、歯が使えなくなる、歯医者にいって治療しなくちゃいけない…などなど。

「歯磨き」をしなくちゃ、怖いことが起きる~~~と思いますよね。

でも、一生懸命歯磨きをしても、虫歯になってしまう人がいます。反対に、あまり歯磨きをしないのに虫歯にならないって人もいます。なぜでしょう?こんな話を聞くと、ママの歯磨きのやり方が悪いのかしら?じゃどんなふうに歯磨きしたらいいの?と不安になってしまいます。

虫歯になる原因は?

04081-450x337

そもそも、虫歯の原因って、甘いもののとりすぎとか、うまく歯磨きが出来ていないとかがあげられますけれど、それ以前のことがあるのです。

それは、「虫歯の菌」。
甘いものや歯垢っていうのは、虫歯の菌のエサになるもの。虫歯の菌がお口の中にいなかったら、エサがあっても虫歯にならないものなのです。

で、その虫歯菌がどこからやってくるのか?というと…。
ママやパパからの感染、「感染症」なのです。
それも、空気から感染する「飛沫感染」ではなく、直接に菌が移動する「接触感染」なのです。

--スポンサーリンク--

子供虫歯の対処法は?

WS000004

 

食事の時の箸や食器の使回しはしない、大人が口を付けたものは子供には与えない。子供の口に入りそうなものは徹底的に除菌するとか言われていますよね。

でも、子供に菌がいかないようにしようと頑張るならば、

ママやパパの持っている「虫歯の菌」を先に徹底的に除菌することをおススメします。

口の中の菌の検査をして、それにあった薬の入った歯磨き粉で磨くこと。今は、虫歯の菌を退治する飲み薬というものもあるようです。「感染症」の一つであると考えたら、うなずけますよね。

 

日本人は、朝昼晩1日3回歯磨きをする!というまじめな人も多い国民です。
でもその回数が、実は歯にとっては良くないと言われる先生もいらっしゃいます。

歯磨きをしなくても、虫歯にならない方法があるならば、試してみたいと思ってしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ