5歳児子供が足を痛がるのは成長痛?対処法は?

ハル(5歳、男の子)のママ、ほのかです(^o^)

ハルが最近夜寝ていると、どことなく「痛い、痛い」っていうのです(´Д⊂

様子をみていると、何となく下半身かな?
とは思うのですが、ここが痛いとはっきり言うわけではないし、
お腹や胸などとかでもなさそう。緊急性のあるものか判断に困ることがあるのです。


「成長痛」という言葉が頭をよぎるのですが、そもそも成長痛ってなんだろうと思っていました。

骨が伸びる時に、痛みを引き起こすのか?と思っていましたが、実は骨の成長とは関係がなく、未発達な子供の骨に、負担がかかったことによって起きる症状なのだそうです。ようするに、子供の一日の動きに骨が疲れて悲鳴を上げている状態なのだそう。

--スポンサーリンク--

ですから、痛みを多く訴える場所は、足やひざとなるわけです。
とってもよく動き回る子供にとって一番負担がかかる場所だからです。

また、成長痛は3~5歳くらいまで子供によく見られ、
夕方から夜頃にかけて痛みを訴えることが多いようです。

夜、痛がっているとき、病院で検査をしてみても何も異常がないときに成長痛と診断されるみたいです。

朝になると痛みを感じることはなく、
何事もなかったように一日が始まるとのこと。

夜寝ている間に骨の疲れも癒されて元気になるっていうことでしょうね。

時々痛みを訴えても、何日も続く、夜も日中もずっと痛がっているというのでなければ、成長痛かなと見守っていても心配することはないようです。

また、痛いという場所もいろいろあるみたいで、足だけじゃなく、胸や腰などにも痛みが出ることはあるようなので、時々の痛みなら様子見でもいいかもしれません。

基本的には成長痛ならば治療は特にありません。成長と共に痛むことがなくなっていくものと言われているからです。

でも、痛いという子供になにかしてあげらることはないのでしょうか?
骨の疲労ということですから、シップで冷やしたり、温めたり、子供の様子を見ながらの対処となります。

痛みを感じる部分をなでててあげたり、マッサージしてあげるなどして、たくさん触れて安心させてあげることでも
痛みが消えるという場合もあるみたいです。

日常的にも、外では足に合った靴を履かせるなど、足に負担のかからないように気を付けてあげるなども、成長痛の軽減につながるかもしれません。

このお話で、成長痛は「子供の活動が活発な証拠」と思えるようになったら、早く休ませるように気を付けたりしながら優しくいたわってあげてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ