5歳児の反抗期、言うことを聞かないときの接し方

ハル(5歳、男の子)のママ、ほのかです。

今日はハルの機嫌が悪いみたい。
なんだか何を言っても「イヤ」という。
5歳児の反抗期?この時期の反抗期はなぜ起こるのでしょうか?

2~3歳の頃よりは、できることがずいぶん増えて、楽になってきました。
言葉も上手に話すようになってきているので、大人が言っていることを分かっておしゃべりしているとも多いと思います。
でも、それが、勘違いってこともあるのです。
5歳児のおしゃべりは、自分のことを一生懸命伝えるおしゃべり。
自分のことしか考えていないおしゃべりなのです。

2~3歳のイヤイヤ期と思春期を迎えるころに起こす反抗期、その間にもまだ反抗期があったなんて…

では、この5歳児の反抗期はどうやって対応していったらいいいのでしょうか。

反抗期はきちんと自分の考えを伝えようとするけれども、その方法が分からず、
相手にとにかくぶつけようとしていまう行為。
成長する過程の一つです。

上手に言えない、うまく伝えられないイライラで叩いたり蹴ったり叩いたりしています。
5歳児には、やみくもに「ダメ、やめなさい!」と怒るだけではなく、「なぜ、それをしてはいけないのか」という理由を教えてあげなければいけません。
伝え方のわからない5歳児でも、ママ言うことはある程度理解できるようになっているので、きちんと聞いてくれると思います。

まずは、子供を受け入れてあげること。
「なぜ、乱暴な言葉や、乱暴な行動をとってしまったのか」という子供の理由を聞いて受け止めてあげることが大切です。受け止めてもらえたと感じた子供は、それだけでも落ち着きます。そうしてから、大人から見てその行動が間違っていると思ったとき、どうしたらよかったのかという方法を教えてあげればよいのです。

ママに暴れている子供の話を聞くなんて余裕がない!っていうときは、「おいで」って手を広げて、子供を呼び寄せて、ぎゅうっと抱きしめてみてください。子供の伝わらない、伝えられない寂しさや悔しさが、それだけで伝わってきます。ママに気持ちが伝わってるってことを、子供はそれで感じます。そして、落ち着いてきます。そうすると、お互いに話をする余裕が生まれてきます。

反抗期は自立への第一歩を踏み出している証拠です。
反抗期があるってことは、ママには大変なことだけれど、自立へのステップを歩んでいると考えると、嬉しいことではありませんか。
反抗していても、5歳のわが子は、やっぱりかわいいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ