子供が元気だけど下痢が続く原因と対処法

ハル(5歳、男の子)のママ、ほのかです。

ハルはうんちがよく出ます。
でも、日によって硬さが全然違う。
胃腸の発達がまだまだ未熟なんだなと感じる時です。
お腹をこわして下痢もよく起こします。
元気なんだけど続くと心配。
保育園休ませた方がいいのか、病院に行った方がいいのか判断に迷います。

下痢の原因はいろいろあるとは思うのですが…

食べ過ぎ、アレルギー、ウイルスの感染(ノロウイルス、アデノウイルス、ロタウイルスなど)、
食中毒(カンピロバクター、サルモネラ菌などの細菌感染)、反復性軽症下痢(体質的なもの)などなど。

今回の下痢はどれが原因?病院に行った方がいいの?

まずは、うんちの状態を見ましょう。

色はどうかしら?
白っぽかったり、血が混じっていたり、黒いうんちの場合、
これは病院に連れて行きましょう。
形のあるうんちの表面に血がついている場合は、
お尻が切れてしまっただけなどで気にしなくてもいいですけれど、
重大な病気のサインである可能性もあるので、病院で相談した方がいいです。

うんち以外に症状はない?特に発熱やおう吐など。
下痢だけでなく、熱があったり、食べたものを吐き戻してしまう場合は、
家での安静にしているだけでは治らずに、悪化していく場合もあるので、
この場合も病院に受診してください。

ただ、子供の場合、命に係わる危険な下痢じゃないのに、続く…場合もあります。
病院で整腸剤をもらって飲ませているのに、なかなか治まらない。
なにかおうちで出来ることはないのかしら?

十分な水分補給をすること。
下痢なんだから、水分はあげないほうがいいと思われるママがいるかもしれませんが、
実はうんちの方にに水分をたくさん取られてしまいますので、
しっかり水分補給してあげないと、脱水症状が起こってしまう場合があるのです。

消化の良い食事。
下痢って、胃腸が弱っている、胃腸の発達がまだ未熟ってことですから、
消化不良を起こす消化の悪いものを食べさせると、さらに下痢が悪化することとなります。
乳製品は下痢の時はやめた方がいいと言われますが、
ヨーグルトの場合は食べると下痢が治るというお子さんもいるみたいです。
それは、乳酸菌がいいみたいです。ですから、ヨーグルトはちょっと心配という場合、
乳酸菌入りのおやつなんかがありますから、それををあげるなどしてみてはいかがでしょうか?

お腹を冷やさない事。
あったか毛糸のパンツとか、腹巻とかを活用して、お腹をあたたかく保ってあげてください。
おむつも時には効果的。
布のパンツより暖かいみたいですし、ちょっと間に合わなくって汚れちゃったというときも
ストレスなく交換してあげられます。

うんちは大人も子供も健康のバロメーター。
腸内環境を整えることを意識して、健康な毎日を過ごしたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ