5歳児の保育園での昼寝は必要なのか

ハル(5歳、男の子)のママ、ほのかです。

最近、休みの日はうちで昼寝をすることが少なくなってきました。
遊ぶことが楽しくって、全然眠くならないそう。

でも保育園ではしっかりお昼寝をしているみたいです。
お昼寝の布団を敷くお当番などもあったりして、
意外にお昼寝の時間を楽しみにしているみたいです。

【 保育園にはお昼寝がある 】

幼稚園にはお昼寝時間はありませんよね。
もちろん小学校に上がったら完全になし。

そもそも保育園児は、長時間保育園で過ごすわけですから、
お昼寝時間とることによって、集団生活の緊張を和らげるという目的があるようです。

お昼寝の時間は、お昼ご飯の後の12時過ぎから3時頃まで。
2時間から2時間半位でしょうか。

長時間保育園で過ごす子どもたちにとって、
必要な休息時間のお昼寝ではありますが、
5歳児になって、体力がついてくると、
保育園でお昼寝をすると夜の寝つきが悪くなるという意見が出てきました。

また、お昼寝の時間がイヤと、お昼寝の自体を嫌がる子どもたちもいます。

【 保育園の取り組み 】

体力のついてきた5歳児クラスではお昼寝のの時間をやめる保育園もあります。
早寝早起きのリズムができやすくなること、
小学校での生活リズムにつながるなどと考えられるからです。

今までの習慣や大人の都合でお昼寝をさせるといったこともありましたからね。

【 お昼寝は必要? 】

で、実際にお昼寝が必要かどうかというと、かなり意見が分かれる、
というか、個人差があるということです。

4〜5歳になると体力がついてきて、休息という意味のお昼寝が必要ない子供もいます。

でも、睡眠時間が8時間でいい子供もいれば、12時間は欲しいという子供もいる。
一律でお昼寝は要らないって言えないところが難しいです。

最後に、

小学校に上がる頃には、ほぼお昼寝はしないのは事実です。
小学校に上がる4月から、急にお昼寝がなくなるということよりは、
保育園でお昼寝のない一日を過ごすという訓練をさせてもらえるということは、
保育園に預けるママとしては嬉しいところです。

実際、お昼寝をしない休日は、夜眠りにつく時間は早くなっていますので、
早く寝なさい!と注意する回数は減りました。

それだけでもありがたい事です(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ