5歳児のおねしょとその対策とは

ハル(5歳、男の子)のママ、ほのかです。

夜寝ている間につくられたおしっこの量と、そのおしっこをためる膀胱の大きさとのバランスがとれていないと「おねしょ」となってしまうそうです。
5歳くらいになると、膀胱がおしっこを夜貯められる力も整ってきて、夜間のおしっこの量も減ってくるので、7〜8割の5歳児はおねしょをしなくなるそう。
5歳でまだ毎日のようにおねしょをする場合は、からだの生理的な発達が遅れている可能性もあるそうです。そして、「おねしょ」じゃなく、「夜尿症」って名前までつけられてしまうことにもなるそうです(^_^;)

【 おねしょの原因 】

《夜間の尿量が多い(抗利尿ホルモンの夜間分泌不足)》
寝る前に水分を摂り過ぎて夜間のおしっこの量が多くなる場合はもちろんあります。でも、適当量の水分だったとしても、夜間の尿量をコントロールする抗利尿ホルモンの分泌リズムがまだ整っておらず、夜の尿量が多くなるという場合もあります。

《夜間の膀胱容量が未熟(不安定膀胱)》
膀胱が発達し、5歳くらいになると夜間トイレに一度も行かなくてもよい位のおしっこをためられるようになります。でも、膀胱の機能が未発達で、膀胱のためが小さいのでおねしょとなる場合もあります。また、寝る前におしっこをする時に、全部出せていなくて、残っているということもあります。

【 おねしょは治る? 】

おねしょはそのうち治ると言われ、12歳を過ぎるとおねしょが見られることはほとんどなくなると言われます。
でも、「ほとんど」であって、成人まで続くこともあるのです。
おねしょがなくなるのに、割と長い時間かかってしまうこともあると思っておく必要もありそうです。

ほとんどは自然と軽快していくので、ほおっておいても良いのですが、病院で相談すると、おねしょに有効な薬などによる治療を受けることもできるので、一度受診してみるというもの良いかもしれません。治療を受けていない子よりも早くおねしょが消えるかもしれません。

最後に、

おねしょは、子供がしようと思ってしているわけではありません。
子供が寝る前におねしょをするもんか!と、どんなに決意しても、子供の意思ではどうにもならないものなのです。

ですから、おねしょをしてしまった子供に「なんでおねしょをするの?」と怒っても、
子供がどれだけ反省しても、おねしょを治す効果はあまりないということです。

また、オムツをずっとしているからおねしょが治らないというわけでもないので、
オムツをして寝る子供、オムツをさせて寝かせる親、どちらも悪くないのです。

うちのハルも寝るときはまだオムツをはかせていますよ。
おねしょしてしまった時の後始末するために、朝からバタバタすることのほうがストレスですからね。

自然と治るのを待つにせよ、早めに治療をうけさせるにせよ、いずれは治るという気持ちで親子で頑張りたいですね(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ