仕事を持つママが長時間保育園に子供を預ける時の不安

ハル(5歳、男の子)のママ、ほのかです。

お仕事を持つママは、子供を長時間保育園に預けなくてはなりません。
離れている間さみしいのは子供だけではなく、それはママも一緒ですよね。
そして、長時間保育が子供になにか影響を与えてしまいそうで気になってしまいます。

【 長時間保育は子供へ影響するのか 】

全ての子供に当てはまることではないのですが、
大人に対して悪態をついたり、物や人に当たる子供が多くみられるようになっているようです。

保育士の目から見て、愛情不足と感じてしまうような行動をとる子供も少なくないそうです。

保育園の先生に聞けば、よっぽどのことでもない限りは
「大丈夫ですよ~」「いい子にしてましたよ」そう答えてくれます。

でも実際に延長保育でママのお迎えを待っている子供たちは、
お友達が帰っていくのを見送るたびに寂しい気持ちになったり、
泣きだしてしまったりしている子もいます。

子供たちが見えないところで我慢しているのです。

そういうことから、勤務時間を短縮したり、退職されるママも増えてはいます。
でもそれが出来ない事情のある家庭もある。

子供にとって家族と一緒に過ごす時間ってとても大切と分かっていても。
どうしても延長保育を利用しなくてはならないママもたくさんいます。

可能であればおじいちゃんおばあちゃんに協力してもらい、
通常保育後の数時間を祖父母の家で過ごせるようにするなど、
家族との時間を増やしてあげられると、子供の気持ちの安定にもつながるのですが…。

もうひとつ、長時間保育が子供に与える影響として、子供の就寝時間が遅くなっているということです。
これが、子供の体の成長だけではなく、精神的な成長にも影響している可能性があります。

【 お家での過ごし方 】

ママもお仕事で疲れていることでしょう。
すぐにでも布団に入って寝たいくらいの気持ちだと思います。

でも子供もママのいない保育園でたくさん頑張ってきて、疲れているのは一緒。

子供もそれなりにストレスを抱えているので、
おうちでは子供が納得いくまでかまってあげて欲しいです。。

なにも、遊んであげなきゃと頑張る必要はありません。
一緒にお風呂に入ってお話するとか、たくさん抱きしめてあげるとか、
子供が思いっきり甘えられる状況を作ってあげる、それで良いのです。

疲れているのだから休ませて~ってオーラを出していると
甘えにくかったり、逆に反抗してわがままを言ってしまったりするのですよ。
ママのことよく見て、よく気が付くのですよ、子供って。

笑顔で子供と向き合うということだけは、常に意識してあげたいですね。

【 保育園も変化している 】

最近では長時間保育が子供に与える影響が問題視されていて、
延長制度を廃止する保育園もあるようです。

また、延長保育時に子供たちが過ごすお部屋を保育室とは別に作り、
キッチンがあったり、畳の部屋にするなどして、
アットホームなイメージにしたりする園もあるようです。

延長保育の時間も子供たちに寂しさを感じさせないように
常に努力してくださっていることを感じています。
働くママとしては大感謝です。

最後に、

お仕事をするママにとって、やっぱり長時間保育は仕方のないこと。

うちは質より量!と割り切って、
子供と一緒に過ごす時間をより密に過ごすのだ!と意識するだけでも、
不安をやわらげてあげることができるのではないでしょうか?

子供はママがとにかく大好きです。
笑顔の絶えないおうちでありますように願っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ