子供の鼻血の原因とその対処法

ハル(5歳、男の子)のママ、ほのかです。

ハルは何の前触れもなく、突然鼻血を出すことがあります。
あまりに突然ですし、よく出すので少々不安に思うことがあります。

鼻血が出る原因っていったい何なのでしょう?

【 鼻の粘膜を傷つけるため 】

まず一番の原因としてあげられるのが、
子供は無意識に鼻をこすったり、ほじったりしてしまうこと。
知らず知らずに、鼻粘膜を傷つけて鼻血がでてくるというわけです。
鼻の中には血管が密集している部分があり、鼻の開口部に近く粘膜も薄いため、
少しの刺激で大量の鼻血が出てしまうのです。

さらに、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の子供の場合、
鼻の粘膜が弱っているので、鼻をかむだけでも鼻血が出ることがあります。
よく鼻がムズムズするため、鼻をほじくったり、触ったりする機会が増え、
鼻血を繰り返すということになっているようです。

【 鼻の血液量の増加 】

気温、のぼせ、興奮などにより、鼻の中の血液量が一時的に増えて鼻血が出ることあります。
子供の鼻の粘膜は薄いため、急激な血流増加により破れてしまうことがあるのです。

血液量が増えると顔が火照り、赤くなっていることから分かるかと思います。

【 大きな病気が原因 】

鼻血を出すこと自体は問題がないのですが、
なんだか不安になってしまうというのは大きな病気が頭をよぎるからではないでしょうか。

確かに、鼻血が頻繁に繰り返される場合や、なかなか止まらない場合は、
大きな病気が潜んでいるということも考えられます。

だいたいの止血時間の目安は15分~20分です。
ですから、止血に30分以上かかるようなら、
一度、耳鼻科などを受診することをお勧めします。

白血病や血友病にかかっている場合は止血しにくくなりますし、
鼻血が頻繁に出る場合には、肝機能に障害があるなんてこともあるようです。

安心を得るために、病院で診察を受けることもよいのではないでしょうか。

では、鼻血が出たときには、どのように対処すればよいのでしょうか?

【 鼻血が出たときの正しい対処法 】

〈 座らせて、下を向かせる 〉

上を向いて鼻血が垂れないようにさせようとしてしまいがちですが、
これは、鼻血が鼻の奥からのどや胃に入り、咳や吐き気の原因になります。

体を横にして寝かせることも、鼻が心臓より低い位置になり、
血流量が増えることから、鼻血は止まりにくくなります。

よく見かける首の後ろをトントン叩くなんてことも、
鼻血を止める効果はないです。

椅子や床、地面に座らせて、下を向かせる。
この姿勢になってもらいましょう。

〈 小鼻の上あたりを強くつまむ 〉

上記の姿勢ができたら、次に小鼻の上あたり、
おそらく出血しているであろう場所を、
鼻で息ができないくらい強くつまみます。
自然に鼻血が止まる時間としては15~20分ぐらいかかるでしょうか。

おとなしくしていられないお子さんもいるでしょうが、
安静にしていることも鼻血を止めるには必要なことなので、
ゆっくりお話をしてみたり、絵本などすわってできる遊びをしてみましょう。

また、ティッシュを鼻につめて止血しようとすることは、
鼻の粘膜を傷つけ悪化させてしまうことにもなりかねませんので、
おすすめできません。

以上は、鼻の粘膜が傷ついてしまったときの対処法ですが、
鼻の血液量の増加が原因で出血した場合(顔が火照り、赤くなっている場合など)は、
身体を冷やし元の血流量に戻すことが大切です。
上記の止血方法を行いながら、冷たいタオルを鼻にあてたりすると良いでしょう。
涼しい場所に連れて行ってあげることも良いですね。

最後に、

子供に突然のハプニング!となると、どうしてもおろおろになってしまいがちですが、
正しい対処法を知っておくと、余裕をもって対応してあげることができますね。

一番驚くのは、鼻血が出ている子供、本人です。

あせらず、お子さんをやさしく包んであげて下さいね(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ