保育園のお手紙ごっこ

ハル(5歳、男の子)のママ、ほのかです。

最近、保育園でお手紙ごっこが始まりました。

保育園の玄関に、大きな手作りポストが置いてあるのです。
切手の代わりにチラシを切り取ってはってある、
手作りのはがきもポストの前にありました。

郵便番号がクラスごとに決まっていて、おうちの人、先生用の郵便番号まである。

年長さんが郵便屋さんになって、毎日配達しているみたいです。

ハルも、毎日、保育園でお手紙を書くらしく、
先生に「ハル君、最近メキメキ絵が上手になってきましたね」って
絵手紙調のはがきを褒めてもらえました。

まだまだひらがなは上手に書けないけれど、
人物はちゃんと顔になってきて、
笑ったり、怒ったりとか豊かな表情もつけられるようになってきました。
「ママがスカートはいてるの」といって服まで着せられるようになってきました。

5歳児がどこまで絵が描けるのか想像できないかもしれませんが…

最近まで、顔から棒がにょきにょきと出ていて、それが足と手で、
「これがママ!」と言っていたころに比べたらかなりの進歩です。

とそこまでは、可愛らしいですむのですが、
ちょっと悩みの種が出てきました。

ママへ、パパへと毎日のようにはがきを書いて持って帰ってくるのですが、
とうとう、何も書いていない白いハガキを数枚持って帰ってきました。

こ、これは…お返事を書いてくださいってことだわ…

ハルからのお手紙をもらった時は、
そのはがきを目いっぱい褒めて、ありがとう!うれしい!っていう気持ちを
たくさん伝えています。

でも、まあ、それだけで大満足とはいかないですよねえ。
やっぱり、お返事欲しいですよねえ。

一枚くらいはね、
「いつもすてきなおてがみをありがとう。とてもうれしいよ。」
とか書いて、お気に入りのアンパンマンとか書いてあげられるのだけど。

もっともっと。
今日もハルお手紙書いたよ。
お返事は?
と、もっともっと攻撃が始まります。
これ、ママは結構困る(^_^;)

今度はあの絵を描いて、とか、もっと大きいの!とか
けっこうなリクエストもあるし、
イメージと違うと、「違うのっ」って怒るのよね。

はううう…

保育園の先生たちはどうしているのだろう。
先生への郵便番号もあったから、先生たちも子供たちからもらっているはず。
お返事頂戴攻撃にはあっていないのでしょうか?
今度聞いてみよう。

この保育園のお手紙ごっこは期間限定だったはずだから、
もうしばらくやりとり頑張ります。

今日のところはこれでおしまい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ